Pumpui's Diary

タイに約18年住んだ男のつぶやき

逆ギレするタイ人の振る舞い

その会社に入社したとき、会社は以下のような状態だった。

・入社2,3ヶ月前にタイの同業他社(同族会社)を吸収合併

・日本人は親会社から出向の1名と現地採用1名

・タイ側はクライアントをそのまま持ってきていたが、情報(契約条件や売り上げ)開示が不十分で、日本側ともめていた。

・株式比率は日本9,タイ1だった。

 

配属先はタイ企業出身の管理職とスタッフが中心の部署でマネジャー。最初の業務指示は「彼らの動向を探り、クライアントとの契約内容を調べろ」というものだった。どうしようもないので、まずはタイ人管理職と関係を築くために、仕事の資料を見せてくれと頼みつつ、できる限り会話をするように心がけていた。

入社1週間後、日本側とタイ側で大げんかとなった。その日の朝、タイ側経営陣(同族で3名)はスタッフに帰るよう指示。経営陣に近いスタッフは即帰宅した。その後、タイ側企業出身者は辞める、辞めないとかなりゴタゴタが続き、またクライアントからの問い合わせも殺到、会社はかなりの混乱状態に陥った。

この混乱は彼らの株を日本側が結構な額で買い取るまで約半年続いた。

その間、このようなことが発生していた。

・オフィスはかなり大きなビルの一室で、複数の企業が入居していたが、ある日「爆弾をしかけた、30分後に爆発する」という電話が勤務先にかかり、警察に通報、全館退去となった。

・クライアントの情報が入ったサーバーが何者かによって破壊された

・入社した会社をABカンパニーとすると、BAカンパニーといった似た商号、住所は実際に入居しているビルだが存在しない13Fを騙って、「当社のサービスをご利用いただきましたが、入金されていません。このままでは裁判となります」などといったDMが発送されていたことが判明。

 ・私の携帯にI kill youというショートメッセージが送られてきた

もちろん、犯人が誰であるかはわかっていない。しかし状況を見る限り、疑わしい人物は明らかであろう。

 

なお、その後の私は、最初の配属先が事実上機能不能となり、彼らの監視の必要もなくなったため、日本側タイ法人出身者が中心の部署へ異動となった。ここはここで大きな問題があったのだが、それはまた別の機会に。

前書き〜自己紹介を兼ねて

これから現地採用残酷日記として、主にタイで働いていた時代の話を綴ろうと思う。

前提として、これまでの就業履歴をメモとして残しておく。理由は後ろで。

 

学生時代のバイト

・チラシ配り(戸建て住宅地のポストに入れる)

・引越し作業員

・百貨店物流センターで仕分け、ピッキング

・スポーツ用品メーカーで出荷サポート

・出版社でデリバリー業務 

大卒後

日本

1.大手信用調査会社

タイ

2.在留邦人が立ち上げた機械商社

3.日系大手金融子会社

4.タイ系サービス業

5.日系大手製造業

6.日系大手製造業物流子会社

7.日系物流会社

 

以下のことが言えると思う

1.比較的大手企業、知名度の高い企業が多い。1,3,5,6はそのグループ若しくは企業名をそれぞれの国内で知らない人はいないと思う。

2.ホワイトとまでは言えなくても、ブラック企業と言われるところの実態はよくわかっていない。

 

自分が描けるのは、こういうバックグラウンドで経験したことのみってことです。

 

なぜ日本の店員は丁寧過ぎるのか

日本に戻って2週間弱。寒さもさることながら、未だ生活に慣れずにいる。

そのひとつが店員の丁寧過ぎる接客。たかが数百円の買い物でも、お客様は神様です、を地で行くような言葉使い。コンビニでは、レンジで温めるものの詳細を聞くのはもちろん、温かいものと冷たいものを袋で分けるか、などこっちが気にしていないことまで聞いてくる。日本語ということもあり、言葉使いの丁寧さも実感しているけど、そんなに気を使わんで欲しいと思う私はタイ化してしまったのかな。

店員の対応で気になるのが、お釣りの渡し方。あれ、きれいな女性にあんな渡し方されたら、誤解する外国人続出だと思うけど、考え過ぎか?実際、今回一度ドキっとしてしまったもの、私……

「おもてなし」なる言葉が日本人を表現するキーワードになっているけれど、あれってストレスにならないのかなあ、などと思うところが、すでに日本人の感覚を失っているのかもね。

日本で働くことは厳しそうだなあ…… 

なぜ日本はFree Wifiが普及しないのか?

日本に戻り早1週間。携帯電話の契約は済ませているものの、上手く接続ができず、外出先ではFree Wifiに頼らざるを得ない。しかし、日本ではなぜかこれがなかなか見つからず、あっても登録が必要だったり、有料プランへの案内だったりする。ネパールでは、私が行くような店や宿泊先ではFree Wifiが飛んでおり、パスワードを入れるだけで気楽に使える。パスワードは店員や宿泊先の従業員に聞けば教えてくれる。タイでも、Free Wifiはだいぶ普及している。

日本はアジア諸国よりずっと進んだ先進国であるといまだに信じ、彼らに多くの点で逆転されていることに気が付いていないのだろうか?これでどうやって観光客を呼び込む気だろうか?まさか入国させてやっている、とでも思っているのだろうか。少なくても通信環境では途上国以下であることを認めるべきであろう。

なぜ日本の飲食店は禁煙にできないのか?

2月21日朝、無事帰国。

実家へ着いた後、生活スペースの確保に努めつつ、友人たちと会食。日本の食事は美味しい。しかし、レストランの多くは喫煙可能、分煙していても煙が入ってくると、せっかくの食事も台無し。タイではオープンスペース以外の喫煙は禁止されてだいぶ時間が経ったが、これに関してはかなりきちんと守られている。日本人の多くが、日本より下に見ているタイでさえ実施できているのに、日本でできない理由があるのだろうか?これほど喫煙者に甘い国はそう多くないらしい。以前は喫煙を認めていたけれど、タイのレストランで煙を吸う機会がなくなった今、煙を吸わされる日本のレストランに嫌悪感を持たざるをえない。

タイ語教材

帰国したらタイ語に接する機会も激減する。すなわちタイ語力の低下が懸念されるわけだが、自分で選んだ道。気休めに紀伊国屋タイ語学習コーナーを覗く。タイ語を勉強し始めたころと比べて種類が多く、学習者も迷っているのでは?出版社としてもそれなりの売り上げが期待できるから出版しているのだろうけど、あれだけ多いと選ぶのも大変だ。リスニング教材がこれまでよりずっと目についたのが昔との大きな違いかな。結局、タイ人向け辞書を数冊購入。タイ人向けは当たり前だけど、タイで買った方が安い。日本人向けはパラパラと読むだけ。買うなら日本の方が安いに決まっている。一冊だけ気になったのがあったので、日本で改めて立ち読みしてから購入を検討する。

いつか学習書の書評が書けるようになりたいものだ。

そういえば、以前タイ語学習の一環として、タイ語で日記を書いて公開されている方がいた。今から思えばすごいよなあ。

帰国前夜

パッキング、9割終了。覚悟はしていたが、バックがひとつ増えてしまった。追加料金も覚悟した方が良さそうだ。経験上、10kgオーバーまでなら見逃してくれることが多いが、さて明日はどうなるか。

明日の朝、前職場へ支給品の返却のため郵便局へ行ってから、最後のパッキングだ。