読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Pumpui's Diary

タイに約18年住んだ男のつぶやき

なぜ日本はFree Wifiが普及しないのか?

Diary in Japan

日本に戻り早1週間。携帯電話の契約は済ませているものの、上手く接続ができず、外出先ではFree Wifiに頼らざるを得ない。しかし、日本ではなぜかこれがなかなか見つからず、あっても登録が必要だったり、有料プランへの案内だったりする。ネパールでは、私が行くような店や宿泊先ではFree Wifiが飛んでおり、パスワードを入れるだけで気楽に使える。パスワードは店員や宿泊先の従業員に聞けば教えてくれる。タイでも、Free Wifiはだいぶ普及している。

日本はアジア諸国よりずっと進んだ先進国であるといまだに信じ、彼らに多くの点で逆転されていることに気が付いていないのだろうか?これでどうやって観光客を呼び込む気だろうか?まさか入国させてやっている、とでも思っているのだろうか。少なくても通信環境では途上国以下であることを認めるべきであろう。

なぜ日本の飲食店は禁煙にできないのか?

Diary in Japan

2月21日朝、無事帰国。

実家へ着いた後、生活スペースの確保に努めつつ、友人たちと会食。日本の食事は美味しい。しかし、レストランの多くは喫煙可能、分煙していても煙が入ってくると、せっかくの食事も台無し。タイではオープンスペース以外の喫煙は禁止されてだいぶ時間が経ったが、これに関してはかなりきちんと守られている。日本人の多くが、日本より下に見ているタイでさえ実施できているのに、日本でできない理由があるのだろうか?これほど喫煙者に甘い国はそう多くないらしい。以前は喫煙を認めていたけれど、タイのレストランで煙を吸う機会がなくなった今、煙を吸わされる日本のレストランに嫌悪感を持たざるをえない。

タイ語教材

Thai language / ภาษาไทย

帰国したらタイ語に接する機会も激減する。すなわちタイ語力の低下が懸念されるわけだが、自分で選んだ道。気休めに紀伊国屋タイ語学習コーナーを覗く。タイ語を勉強し始めたころと比べて種類が多く、学習者も迷っているのでは?出版社としてもそれなりの売り上げが期待できるから出版しているのだろうけど、あれだけ多いと選ぶのも大変だ。リスニング教材がこれまでよりずっと目についたのが昔との大きな違いかな。結局、タイ人向け辞書を数冊購入。タイ人向けは当たり前だけど、タイで買った方が安い。日本人向けはパラパラと読むだけ。買うなら日本の方が安いに決まっている。一冊だけ気になったのがあったので、日本で改めて立ち読みしてから購入を検討する。

いつか学習書の書評が書けるようになりたいものだ。

そういえば、以前タイ語学習の一環として、タイ語で日記を書いて公開されている方がいた。今から思えばすごいよなあ。

帰国前夜

Diary in Thailand / ไดอารี่ในประเทศไทย

パッキング、9割終了。覚悟はしていたが、バックがひとつ増えてしまった。追加料金も覚悟した方が良さそうだ。経験上、10kgオーバーまでなら見逃してくれることが多いが、さて明日はどうなるか。

明日の朝、前職場へ支給品の返却のため郵便局へ行ってから、最後のパッキングだ。

Pattaya撤収

Diary in Thailand / ไดอารี่ในประเทศไทย

パタヤの部屋を撤収し、バンコクに戻った。20日14時に部屋を出発する予定。それまでに今回日本へ持って帰るものを選別し、パッキングしなければならない。

前回バンコクに戻ってきたときは、同じアパートに住むタイ人スタッフが車まで一緒に運ぶのを手伝ってくれて、バンコクのアパートではしばらくの間、車の中に置いたままで少しずつ部屋に運んだものだ。今回はタイスタッフ3名とその奥様1名が手伝ってくれて、さらに車の運転までスタッフにやってもらいずいぶんと楽ができた。

しかし、今日は本当に移動のみ。荷物は全然開けずに部屋に運び込んだだけ。ある程度はなにがどこにあるか覚えているが、さて、どこから手を付けようか……気が遠くなる作業だが、完全撤退する数か月後はもっと気が遠くなる作業になること間違いなし。

Freelance

Diary in Thailand / ไดอารี่ในประเทศไทย

2月15日付けで退職。晴れてフリーの身になった。さて、どうやって生計を立てていこうか……

生活の基盤を日本へ移すことになるので、これを機会に休業中の「憧れのチェンライ」とは別に新たにブログを始めようと思う。まあ、しばらくはだれにも伝えずひっそりと書き込んでいきます。