Pumpui's Diary

タイに約18年住んだ男のつぶやき

ラダック旅行記 Part 1 バンコク⇒デリー⇒レー

ラダック観光の基点となるのはインドのレーという街。高度3500mほどのところにある。陸路だとマナリからバスで1泊2日というのが一般的なルート。5000m級の峠をいくつか越える長旅だ。空路だとデリーから毎日数便飛んでおり、1時間ちょっとのフライト。この時期はインド人が避暑で多く訪れており、チケットも高騰している。今回は予算についてある程度目をつぶることにしているので、迷わず空路に決めた。

 

インドを訪れる際、不安な点があった。

  • ビザ取得方法
  • デリーでの乗り継ぎ

1は空港でアライバルビザが取れることはもちろん知っていた。しかし、インドのビザルールは頻繁に変わるし、万一取れなかった場合がどうしても気になっていた。またインドは学生時代に行ったことがあるが、それ以来一度も行っていない国だ。学生時代の記憶は、心身ともに疲れる国としか残っていない。地球の歩き方を読むと、デリーの評判はあまりよくない。今回の目的はあくまでもラダック、デリーに用事はない。だったら、空港から出なければいいじゃないか、と思い、デリーを深夜発早朝着のフライトを探した。

 

5月19日23時15分TG331は定刻通りに出発し、デリーには20日2時過ぎに到着した。アライバルビザのカウンターを目指し、ようやく見つけると前には日本人が一人いるだけだった。申込用紙に記入し、カウンターで提出するとインド人英語がわからない……ったくこいつはしょうがないやつだ、と担当者は思ったのだろう、まだすべて終わっていなかったもうひとりの日本人にこいつに説明してやってくれと伝えていた。彼に聞くと、宿泊先の情報が不十分だったらしい。地球の歩き方にある住所電話を記入、改めて提出。次はビザ代の支払いだ。2000IRPをカードで支払うように言われ、日本発行のビザカードを機械に通す。暗証番号を入れるよう指示が出たので入力したが、認証されない……3回ほどやってダメだったので、タイ発行のビザカードを通す。今度は暗証番号を求められず、なんとかクリアーできた。ほかの空港でのアライバルビザの取得状況はわからない。申請書類記入からビザ+入力スタンプ取得まで30分はかかっていなかったので、スムーズなほうだと思う。なおビザは「60日滞在可能。入国は2回まで」となっていた。5月20日から60日後の7月18日まで滞在可能、一回は出国してもその期間ならもう一度入国できる、ということだ。ビザ取得時に出国チケットが必須と聞いていたが、申請書に出国フライトの情報を求められたものの、チケットの控え(自分はタブレットに入れていつでも見せられるように用意していた)を求められることはなかった。ラダックのあと、ネパールに行くことになっているが、出国チケットを求められないのであれば、カトマンズからコルカタに飛び、コルカタからダッカまでバスで行ってダッカからバンコクへ行こうかな、などとふと考えた。結局ラダックもザンスカールも移動に疲れてそれどころじゃなかったのだけど……

 

アライバルビザのカウンターで入国スタンプを押されたので、そのまま入国。ターンテーブルで荷物を受け取った。次は両替である。ネパールの通貨は持っているものの、インドの通貨は1IRPたりとも持っていない。ネットではデリー空港の両替はレートが著しく悪くお勧めしないという情報があふれていた。ただ、レーの空港には両替所がないということで、最低必要額の両替は必要だった。提示されたレートは1$⇒59IRP。さらにここから手数料とやらを引き、実質1$⇒57IRPだった。ちなみにレーでは1$⇒63IRPで手数料などもなかった。タイでも空港の両替所はレートが悪いが、インドはそれ以上ではないか。

 

インド通貨を持つことで少し気持ちにゆとりができた。とはいえ、空港の飲食店に入るのも気が引け、椅子はいくつも空いていたので、そこで時間を潰すことにした。空港内は明るいし、私のように乗り換えで時間を潰す必要のある人も多いので、インドといえどそれほどの恐怖感はなかった。荷物をもってトイレに行くのがちょっと大変だっただけだ。

 

レー行きはジェットエアウエイズで6時50分発。5時になって2階の国内線出発カウンターへ移動した。早朝発のフライトが多いようで、チェックインカウンターは1階のスペースよりもごった返していたが、座るスペースは十分にあり、さらにビーチにあるようなベッド?も並べられており、こちらで待っているほうがよっぽど楽だったとちょっと悔しがる。チェックイン後、荷物検査は厳重で、カメラやバッテリーが引っ掛かり3回くらいゲートをくぐらされた。ただ、係員の態度にはなぜかイラつかなかった。ネパールほど態度がでかいわけではないが、かといって必要以上にへりくだった態度でもない。堂々と自分の任務を遂行しているという雰囲気だった。

 

席に着くと、隣は空席だったがすぐに女性ふたりがやってきた。ひとりは私の隣、もうひとりはそのうしろの席だったのだが、話している言葉がなんとタイ語だったのだ。思わずタイ人ですか?と聞いてしまった。そうですよ、あなたもタイ人?いや、日本人ですけど、と答えたら、彼らは集団だったらしく、坊さんを含む8人のグループで同じ飛行機に乗っていたので、グループ内で会話し始め、特に会話することはなかった。ラダックザンスカールにいた3週間、日本人は代理店で会った2人と代理店の女性の3人しか見かけなかったが、タイ人はその後20人くらい見かけた。僧院ではタイバーツが供えられていたが、日本円は硬貨を含めて一度も見ることがなかった。海外に出る日本人は減っていないようだけど、ビジネスで行く人が増えただけで、観光客は減っているのではないか、と改めて感じている。

山岳地帯を飛ぶこの飛行機は予想通り揺れが激しかったが、8時20分予定通りに着陸。先月行ったジョムソンの空港よりも山が身近に見える。ここはすでに高度3500m、空気も薄くなっているはずだが、このときはひんやりとした空気としか感じなかった。

ターンテーブルで荷物を取った後、空港に出る前に外国人は入域の登録のようなものをさせられた。パスポートナンバーや宿泊先を書いた紙を提出するだけ。市内まで5㎞くらいと聞いていたが、プリペイドタクシーでゲストハウスに行くことにした。300IRP。ゲストハウスはネット内の評判や地球の歩き方から判断し、Jigmet Guest Houseに決めていた。

 

f:id:pumpuikun:20170623210759j:plain

 

ラダック旅行記 前文

以前からチベット文化圏を旅行したいという気持ちがあり、

旅行する時間のある今行かなければいつ行ける?!ということで行くことを決めた。

中国共産党に壊されたチベット自治区には、自分の求めるものはないと判断。

自分の中で思いついた候補地は

・ラダック

ダラムサラ

・シッキム

だった。

 

画像検索を行い、自分のイメージに最も近かったのがラダックだったので、ラダックに決めた。それから情報収集。移動は思ったよりきつそう(正解だった)なので、旅行代理店を通して車をチャーターすることにした。

日本人女性が経営する代理店を見つけ問い合わせ。日程的に希望しているところはすべて行けるようだ。ラダックのさらに奥に位置するザンスカールについて特に知識を持っていなかったが、ラダックに二度と行くこともあるまいと思い、日数にはゆとりをもってチケットを手配した。問い合わせたときには、ザンスカールへの道が閉鎖されており、私の滞在予定期間中におそらく開通するであろうという回答だったのだ。結果としてこれが正解。ザンスカールはこれまで訪れたどの土地よりも美しい景色の土地であり、そこに住む人々の信仰心の強さややさしさが身に染みた旅行となった。

f:id:pumpuikun:20170623002016j:plain

近況報告

4月にタイに入り、タイミャンマー国境沿い、ネパール(カトマンズ近郊、ポカラ、ジョムソン街道など)、インド(ラダック、ザンスカール)を旅行し、現在ネパールカトマンズにいます。
このブログは自分の18年におけるタイ生活で感じたことを、一歩離れたところから書き綴ってみたいと思って始めたので、旅行に関することを同じブログで表現するかどうか、迷っております。

タイ語能力メモ 追記

・会話はできる。しかし自分で一方的に話す、例えばプレゼンとか、能力が著しく欠けている。これは日本語でも同様なので、日本語から直さないとダメかな?

・話慣れていないタイ人に通じないのは発音が正確ではないから。これは注意して話すしか、直す方法はないかな。

・Writing能力。書いてチェックしてくれるタイ人を見つけ、慣れるしかないかな。

 

一週間、タイ語使わずにいたので本場のタイ人に通じるか不安だったけど、数時間経過して今のところこれまでと変わりなく話せているので一安心。

タイ語能力メモ

三週間ちょっとの派遣を終えた。

一応タイ語通訳ということだったが、通訳業務としてはあまり期待に応えられなかった。

冷静に分析すると

・とにかく聞き取れない

話なれているタイ人以外のタイ語はやはり厳しい。今回は仕事に関することが多く、理解できないことも多いのだが、それにしてもちょっと情けなかった。

・意外と簡単な単語が出てこない

・発音が悪い

やはり話慣れていないタイ人には発音が悪いと通じない。

・Wiriting能力の低下

簡単な翻訳、いざ書こうとすると、文字が出てこなかったことがしばしば。やっぱり書く機会って、意識しないとなかなか作れませんね。

 

以前、10年以上住んでいるアパートのオフィスにいるタイ人と仕事の話になったとき、ワーカーが私のタイ語を理解してくれないし、彼らの言ってることがよくわからないとこぼしたら、非常に驚かれた。「私、あなたのタイ語、よくわかるんだけど…」と。このアパートは外国人も多く住んでいるので、彼らのタイ語を聞き慣れている彼女なら、私のタイ語は十分理解できるのだろう。やはり聞き慣れてることは大切だ。過去、ある程度タイ語ができてから、初対面でこれほどまで理解できるのか、ってわかりやすいタイ語を話してくれた方はあ、2人とも大学教授であった。

 

今後のことを考えると、ヒアリングとライティングは、少し真剣に取り組む必要がありそうだ。

職場での挨拶にワーイは必要か

ワーイとは、胸に手を合わせて行う挨拶のこと。

職場での挨拶というと、思い出されるのは新卒で入った会社でのこと。研修中に配属先の部長が新入社員を連れて社内を案内(10階建て自社ビル)していたときのこと。階段で清掃員とすれ違った際、誰一人と声を出して挨拶をしなかったところ、部長にこっぴどく叱られた。今となっては当然だと思うけど、入社直後ということもあって、強い印象を残っている。実際、社会に出ると、偉い人の方がしっかりと挨拶されているように感じる。これも当然ですが。学生時代、運動部にいたことやこういう経緯もあるので、あいさつはきちんと行っている方だと思っている。

さて、タイの職場。たいていの会社は声であいさつするけれど、まれにワーイを加えるところもある。かなり上の方、例えばワーカーが社長と会うときなどは、もちろんワーイすることがほとんどだ。ある会社で年下のスタッフに仕事以外でフォローしてもらったことがあり、ワーイしながらขอบคุณมากครับ(ありがとうございます)っていったら、年上の人がそんなことをするものではないですよ、と私が悪いことをしたかのごとく、彼に説教?をされたこともあり、ワーイの安売りは止めようと思うようになった。

ある職場、私の肩書きはマネジャーでもう1人タイ人マネがいて、その上にタイ人上司がいた。管轄は総勢300人強。この職場、やたらとワーイが多い。マネジャー以下、それぞれのポジションでも、みなワーイして挨拶を交わす。前述の通り、ワーイの安売りは止めようと思っていたので、ワーイされても声と笑顔だけ返していた。ある時、社長に呼び出され、タイ人からワーイをしても無視されるというクレームが来ている、どういうことだ!と言いがかりをつけられた。一応説明したのだが、社長は納得せず。その後、300人近いスタッフと毎日ワーイを交わすことを余儀無くされた。ワーイ始めた初日は、タイ人上司に呼ばれ、ワーイするようになってタイ人から評判よくなったよ、と驚きを持って評価された。

この会社以外、マネジャークラスがワーイを交わし合っている会社を私は知らない。

タイのマフィアはナイスガイだった

タイにはマフィアと呼ばれる人がいる。

もちろん日本の⚪️ク⚪️っぽい人もいるだろうが、ここで書くのはそういう人物ではない。タイ語ではผู้มีอิทธิพล(影響力のある人)と呼ばれる男の話だ。

 

当時の勤務先は製造大手の子会社で、親会社の工場に下請けとしてワーカーを派遣、作業を行う会社だった。その会社では生産減少ということで、タイ人ワーカーを減らす任務を任された。正社員もいれば、一年契約のワーカーもいた。会社の方針としては、出勤状況とそれぞれの役割を鑑み、業務に支障がないように整理する社員のリストを作れということだった。タイ人管理職に任せると好き嫌いだけで決めそうだったので、日本人である私に振られたわけである。

自宅待機のワーカーを発表した直後、仲のいいスタッフに呼ばれた。「P、自宅待機に⚪️⚪️ってワーカーいるけど、彼女、親会社のワーカーの女だ。あいつ、Pが管理している部署の近くで作業しているから、Pの顔も知ってる。あのリストをPが作ったことはもちろんみな知ってる。気をつけた方がいいぞ」と注意を受けた。実際、親会社でも自宅待機のリストは作られており、管理職は自宅待機のリストに載ったワーカーの恨みを買い、復讐されることを恐れていた。この忠告してくれたスタッフは、私と仲のいいマフィアと呼ばれるワーカーの名を出して、彼に相談するようにアドバイスをくれた。

この現場は元々この地域に住んでいるワーカーと、仕事を求めて地方から出稼ぎで来ているワーカーに分けることができた。このマフィアと呼ばれるワーカーは、生まれたときからこの地で育っており、昔から住んでいる人は知らない人がいないくらい有名な男だった。

状況を説明すると彼は「ああ、あいつかあ。わかった、話をしておくからちょっと待っててくれ」と言ってくれた。翌日「P、男に話をしておいたよ。やつには少し金貸してあったんだよ。Pになんかしたらただじゃおかないって念を押しておいたよ。しかし、Pも大変だなあ」と連絡してきたのであった。

※なお、この話、駐在員に知らせていません。

 

この会社に勤めているとき、通勤車両を貸与され、自分で運転し通勤していた。ある日、駐車場に車を止めていると例のマフィアが声をかけてきた。車がパンクしているのではないか、という。実際、自分も空気が甘い気がしていたが、パンクかどうか判断に迷っていたところだった。マフィアは友人のところで調べてもらおうといって、その日の業務が終わった後、彼と一緒に近くの修理工場へ行った。マフィアは工場へ連れて行った後、「ちょっと時間かかるから、そこの屋台でクイティアオでも食べててくれ、俺はちょっと用事があるからいっしょに食べられないけど、すぐ戻ってくるよ」といって去って行った。クイティアオを食べ終わり代金を払おうとすると、おばちゃんに「あんた、マフィアの友達だろ?マフィアに払ってもらうから受け取れないよ!」と頑なに代金を受け取らない。不本意ながら工場まで歩いて行くと、マフィアも戻ってきた。やはりパンクしていたらしく、修理を行っていたそうだ。そこで修理代金を払おうとしたらここでも「あんた、マフィアの友達だろ。マフィアと俺は長い付き合いなんだ。友達の友達、つまり俺の友達でもある。友達からこの程度の修理でお金を取る訳にはいかない。今回はフリーだ」と修理工場の人間に言われた。

 

彼はタイ人スタッフから影でマフィアと呼ばれ、ちょっと闇を感じさせる男だったが、私にはこんな感じで接してくれたので、怖さを感じさせることはなかった。それどころか、学歴のせいで昇進できない立場でありながら、ワーカーをうまくまとめてくれて私は助かっていた。マフィアという言葉とはちょっとイメージの違った男であった。 退職してその地を離れても、たまに連絡を取っている数少ないタイ人である。